So-net無料ブログ作成
前の1件 | -

竹田隧道探しツーリング [ツーリング]


[レポートをのんびり書きすぎて3月中旬のレポです]


昨日山陰方面を走ったばかりですが

今日も走ります。


1-2.jpg


長門峡から家までノンストップで帰った

疲れが微妙に残るし今日はマイナーな隧道探しをすたいので

茜ちゃんが相棒。


2.JPG


朝の平成筑豊鉄道の勾金駅

(※まがりかねえきと読みな)

3.JPG

通学や通勤の人が居そうな時間帯だけど

誰もいません。


まぁ、誰も居ない事を知ってるので

ここを選んだんだけどね。

(目印になってトイレさえあればいいのよ)



ってことで

「おはようございます」

4-2.jpg

「昨日ぶり~~!」


どうせ今日も一緒に走る事になってたので

昨日は解散式もなにもせずにノンストップで帰宅したのでした。



のんびりと出発の準備をしてると

駅向いの家の猫がいってらっしゃいと言ってます。

5.JPG

道路が目の前の為か

リードに繋がれて玄関の前でゴロンとしてたけど

アメショーかな?


「行ってきます」とこうさんが挨拶すると・・・


6.JPG


微妙に嫌がっとる(笑)



もちっこさんが触ると・・・


7.jpg


こいつ女好きだぞ。



では隧道探しツーリングなので

スタートも平成筑豊鉄道のトンネルから。

8-2.jpg

「行ってきま~す」



レインボーな隧道からはアグリラインをフルステージ走って


宇佐を抜けます。


1.JPG

安心院(あじむ)からk50で南下。

2.JPG


3月の半ば後半だけど

桜もチラホラの状態でした。


3.JPG

仙の岩も菜の花の道になって

綺麗ですがここには寄らずにすぐ先の八幡宮。

9-2.jpg


ほんとうは深見五重塔でトイレのつもりだったのだけど

行きすぎちゃってUターンしてるとこの神社を見付けたので

寄ってみることにしました。


10-2.jpg

これも道を間違わないと出会えなかった

一期一会。


10-3.JPG


しかしこの何気なく見つけた神社なんだけど

神社なのに仁王像があるとですよ。


11-2.jpg

しかもちょっと骨格がごついお顔をしてる仁王像です。


苔の付着から見ても

かなり古そうな仁王像でその横に神社なので

当然のように狛犬もいるよ。。

12.JPG


本殿は素朴て特記するような事もないけど

ツーリングの安全と疫病退散をお願いして

トイレで寄るつもりだった深見五十塔へ移動。


13-2.jpg

何年ぶりだろう?



まだ大型バイクに乗り始めた頃に来た時は

入場料を取られた気がするけど今はおみやげ屋も閉店し

ひっそりとした公園のようになっていました。



お寺に見えるけとしまなみ海道で寄った耕三寺と同じく

実業家さんが母の為に建てられた菩提寺で

立派な仁王門もあります。

14-2.jpg


歴史的な重みは感じないけど

中にある木造の仁王像はすばらしい。


15-2.jpg

古くなって年輪の風合いが

良い感じになって来た気がします。



そして昔は周りの樹がすくなくて

遠くからどの角度からも見えていた五十塔。

16-2.jpg


今日は周り木々に邪魔されて

見えるはずが見えなかったので

一度通りすぎちゃったけど今見ても立派な塔でございます。


塔の前にある枝垂れ桜が満開だと

もっと良かったかもね。

(もう新緑になってると思います)

16-3.JPG

釘を一本も使用してない本格的な五重塔で

荒れてるかな?と心配したけど

ちゃんと朱色が綺麗なので改装などは行われているようです。


17.JPG


トイレ休憩だけのつもりが

がっつりと見学になりましたが深見からは

広域農道経由でk617をチョイス。


4.JPG


由布院方面へ向かえる道の中で

マイナールートな為まったく車が走っていません。


5.JPG


時々道幅が狭くなるけどバイクなので

なんの問題も無し。


6.JPG


むしろちびっ子バイクなので楽しいし。


7.JPG


三桁県道の終点(起点)に差し掛かると

kiyomakoさんと買いに来たことがあるパン屋さん。


8.JPG

「Oni Painカフェ」


開店が10:30で着いたのが10:29(笑)


なので一番にまだ他のお客がいない中で

ランチ用のパンを買い込めました。


9.JPG


パンが潰れたら嫌なので

袋を2重にしてもらってバッグの外に結び

城島高原の前を通過してk620で庄内方面へ。


10.JPG


この道も三桁県道なので

だ~れも走ってないけど途中にあった安楽寺の

枝垂れ桜が見事でした。


11.JPG

「枝振りが」


通った時はまだゼロ分咲きだったけど

先週くらいが見ごろだったかもしれないね。



道は先でk52と合流して道幅が広くなるけど

わたしはその直後から脇道へ入ってさらにこんな道に?ってほどの

廃道っぽい道に入りますがここが本日最初の「隧道が好きだ」の目的地。

18-2.JPG

名前は知らん。


庄内町の畑田ってところの旧道の隧道だけど

塞がれてないけど全面通行止の看板が立ってるよ。



バイクじゃ入んないけど

歩いて覗いてみると脆い凝灰岩を削って掘ったような隧道だ。

19-2.jpg


壁を触ると手に白い砂がつくし

地面にもうっすらと積もっています。



と、廃道なのでバイクを適当に停めて見学してたのだけど

木材を積んだ軽トラが2台突入してきたーーー!


しかもかなりのスピードで通過したので

積もったトンネルの粉塵が舞って内部が真っ白に(汗)



反対に回ってみるとこっちにも全面通行止って

看板がしっかり立ってるよ。

20-2.jpg

地元の人にとっては通れる道は通るという

暗黙のルールがあるのかな?(笑)


来ないと思ってたので焦ったわ。

20-3.JPG

隧道の入口の横には

開通の碑があるけど達筆すぎて

良く読めない。



では、次!

12.JPG


隧道を出るとR210を一度横切って再び

山の中に入りますが道を間違うことなく

2個目の隧道です。


21-2.jpg

ここも名前が書かれた表示もないので

名前はわからないけど龍原と言う地区にある

切通しがかっこいい隧道でございます。



反対側は太い導水管と隧道の風景も見れるんだよ。

22-2.jpg

ここもこんなマイナーな道なので

車も何も来ないだろうと思ってたら

なにわナンバーで助手席にブランドバックを何個も置いてる

マダムのベンツが来たぞ。



ウインドウが下がって通れるか聞いてきたので

国道へ抜けれますよと答えたもののバイクの横をすり抜けるのも

隧道を抜けるのも車幅感覚がいまいちなのか

こっちが合図してあげないといけないよ。



隧道の先はもっと道が細いけど

大丈夫なのか?


その先はしらん(笑)


23-2.jpg


隧道からはベンツが来た道を行くけど

最初は細いけど途中からめっちゃ快走路になりました。


13.JPG


始めて通ったけど

最高に気持ちが良い。



そんな良い景色の中で

今日のランチはココとする。

24-2.jpg


国道から離れてるためか

ベンチのある公園なんかある雰囲気じゃないので

適当に選んだ高台から景色を眺めながら買っておいたパンを食べましょう。


24-3.JPG


水路があって座りにくいけど

この景色を眺めながら食べるランチは最高。

15.JPG


もちろん湯沸かしもして

食後の珈琲も美味しくいただき後半戦へ。


16.JPG


庄内からは一気に南下して

豊後大野方面へ。


17.JPG


殆ど通る事のなかった道なので

途中からナビをセットして「朝倉文夫記念館」


25-2.jpg


広い敷地にはアート作品が設置されてるけど

現代アートは難しい。



記念館は開いてるのか閉まってるのか

よく分からなかったけどとにかく誰も居ません。

26-2.jpg


本当はチェーンソーアートの巨大な

猫を見に来たのだけど一足遅くて大分市の銀行がオブジェにするため

引き取った後でした。



お目当てにフラれてしまったけど

虫好きなのでこんな物を・・・


27-2.jpg

フルメタルでできた

セミの抜け殻(死骸?)


29.JPG

大きさはほぼJIS規格の1もちっこ。


わたしは抜け殻なら

何かに引っかかってるからこれは死骸だと

主張したのだけどよく見ると背中が割れてました。

28-2.jpg


抜け殻でよかった。


柵の上には石のテントウムシ。

29-3.JPG


意味不明のアートが並ぶ中で

足元のムスカリがめっちゃ可愛い。


30-2.jpg


バイクも花もやっぱり青が好き。



やたらと広い敷地の

谷側を見てみると枝垂れ桜が満開だよ。

31-2.jpg


脇に咲いてる椿も

これでもかっ!ってくらい八重先の品種で


32-2.jpg


椿とは思えないゴージャス感。


この谷に先には池があって

吊り橋も架かっていました。

33-2.JPG

こ~んなに低いのに

揺れると動けないせっちゃん。

34.JPG


さらにボヨンボヨンと揺らしながら歩く

悪魔な方たち。


池です.JPG


ひっそりとした谷に悲鳴をこだまさせ

階段を上がって元の広場で集合。


36-2.jpg



では本日ラストの隧道へ向かいます。


18.JPG


向かうと言っても朝倉文夫記念館から

国道に向かう途中にあるので

なんの苦労もなく発見。


37-2.jpg

ここも同じく名前は知らん。



ただ朝地町の池田って場所にある隧道で

外観は普通だけど中がかっこいいのよ。

39-2.jpg


背が低くて細いので

洞窟感が強調されてかっこいい。



電気も点いてるので

怖くないのも良い(笑)

38-2.jpg


これまで隧道で車なんて来ないだろうと

言ってたら来ちゃったのでここでは

車が車通るかもしれないと言ってると最後まで何も来ないままだったよ。


40-2.jpg


もうこんな近い距離では撮れない最後の集合を撮ったら

帰路へつきますが先程から青空がずっと白いんだよね。



車だと窓を閉めてたら気付かないかもしれないけど

どうも野焼きの香りがします。



この時期の野焼きと言えば阿蘇だ。



しかも竹田市周辺全部の空が白くなる規模と言ったら

阿蘇しかない。



走ってるとやっぱり燃えカスが降って来てました。

19.JPG


R442を瀬の本高原方面まで走ると

野焼き真っ最中だよ。


41-2.jpg


少し前に通った時は金色の草原でしたが

真っ黒け。


42-2.jpg


こうして阿蘇からその外輪山にかけての

広大な草原が維持されてるのだけど

お陰でランチ後はずっと薄曇りのような中だったよ。



なので風上側へ抜けると

真っ青な青空が復活。


43-2.jpg


焼きたてホヤホヤの丘で

せっちゃんが買ってたカレーパンでおやつタイムです。


20.JPG


隧道探検がメインでこんな時期だしスイーツタイムなんか

考えてなったのでちょうど良かった。


おやつ後はファームロードWaitaを走って

みんなで寄るのは初めての旧西里小学校のトトロ。

44-2.jpg


杉玉のような作り方でできてるトトロだけど

ほんと良く出来てるよ。


46.JPG


可愛い学校とトトロには

小さなバイクが似合う。


45-2.jpg

校舎のデザインが素敵すぎて

何かに利用しないのはもったいない気がします。



かつて学童が走り回ってたであろう

校庭で「ラジオ体操と言えば」のポーズのお題を出して

撮ってみた。

47-2.jpg

わたしの身体が硬いのは別にして

みんなポーズがバラバラで面白い。



ストレッチ休憩で心身ともにリラックスしたら

ファームロード~小石原越え。

21.JPG


昨日はノンストップで帰っちゃったので

今日はしっかり解散の為運休中のJR彦山駅に停まりました。


48.JPG


ここでトイレと解散の挨拶をして

のんびりといつも走り慣れた道を走る。

23.JPG


道なりに解散して

近所で給油を済ませて今日のツーリングはおしまい。


49-2.jpg


このツーリングの1週間後に

週末の外出自粛要請が出るのだけど

「密」な事例とまったく逆なスタイルとはいえ

暖かくなったのでそろそろ正式なマイナリストのツーリング企画も

上げようと思ってましたがしばらく延期だな。



今後は平日に一人で山奥とかになりそう。



本日の走行距離は昨日とあまり変わらない365.4km。

24.jpeg

燃費は竹田市街地で入れたガソリンが

いまいち悪かったようで全然スピードが出なくて

アクセルを開けるためあまり伸びませんでした。

(4人とも同じ症状)



◆◇◆ Minorist Hibiki ◆◇◆




nice!(77)  コメント(22) 
共通テーマ:バイク
前の1件 | -