So-net無料ブログ作成

浮羽で登山&湯沸かしツーリング [ツーリング]



今日はそれほどいい天気ではないけど

ご近所さんとせっかく湯沸かしセットを買って

外でラーメン食べようって話しをしてたので集合します。


1.JPG

頴田のコンビニで待ち合わせると

一番距離があるはずのせっちゃんがもう来てました。


どんだけやる気満々?



ちびっ子バイクなので

ラーメンと500mlの水を買うと

バーナーセットの収納に悪戦苦闘中です。



わたしは茜ちゃん用に小さな

ガスが入るクッカーセットで来てるのでスマートに

収納できてました。

(インナーを脱ぐとパンパンになりますが)



で、せっちゃんと2人で残りの3人を待ってると

まさかの雨がパラパラと降りだしたじゃありませんか。


雨は降らない予報だけど上空に寒気が入るって言ってたので

パラパラ程度だけど歩道橋の下に避難。

1.JPG

こんな隙間にも入るチビッ子バイクの特技(笑)


結局雨粒がパラっと来ただけで避難する必要もなかったんだけど

遅れて来たとのじんが走ってたところは降ってたみたい(笑)



では、ご近所さんと初のラーツーの開始です。

(個人ではもうやってますが・・・)

2.JPG

八丁トンネルを抜けて筑前町方面へ行くので

嘉麻市へ向かってると信号待ちでミラーを見ると

Yosiさんだったよ。

2-10.jpg

仕事に行くところみたいなので

軽く手を上げて会釈して先へ。



会釈する手も左手が上がらないので

アクセルから手を放して右手で・・・(笑)


3.JPG

今日もマスクと左腕を上げる時は

右手のアシストでのツーリング。


4.JPG


予定通り八丁トンネルを抜けて

筑前町の最初の目的地に到着。


1-10.jpg


農地にポツンと一ノ鳥居が建つ

松峡八幡宮(まつおはちまんぐう)


2.JPG

二ノ鳥居からは階段になって

それを上がると本殿でございます。

3.JPG


小さな神社ですが

境内には大きなクスの樹があるのですよ。


4.JPG

何故か神社の名前が違う

「栗田八幡宮の大樟」



根周り12mの立派な樟だけど

形がすごく複雑。

5-2.jpg


見る角度を変えるとこんな樹なんだよ。



樟の大木になるとよく空洞ができるけど

この樟は空洞を通り越してる感じが否めない。

6.JPG


中心が無くて皮しかないように見えるけど

ちゃんと生きてるのが凄い。



樹高も支えられてるとはいえ30mもあるのです。


7-2.jpg


大きな空洞の下には樫が生えてて

いずれ樫の樹と世代交代するかもしれませんが

わたしが生きてる間じゃないな。


8-2.jpg

大楠の樹皮を見てみると

コルクのようにスカスカになってますが

熊襲に関わる神社の御神木としてまた

三輪町指定の天然記念物としてこれからも残ってほしい樹でした。



では大樹のパワーを分けてもらったら

近くにあるらしい金刀羅神社の鳥居を探します。


しかし場所があまりにマイナーなため

近くを散歩してた方に聞き込みをするも予想通りに知らない。



地元の人も知らない場所へ挑むことは

わたしにとって珍しくないけどどうアプリーチしていいかわかんない。


道なんか無いのでとりあえず

一番近付けそうな場所にバイクを停めます。


10.JPG

交通量の多いバイパスからいきなり山の中に入るのだけど

道行く車が「この人たちなんで山に?」って目で見られて恥ずかしいので

急いで見えない場所まで登ります(笑)

12.JPG


ロープがあるけど

もしかしたらバイパスの法面工事の関係者が

使うため?



でも人が上がれる道があるって事はこっちで間違って無い気もするが

はたして行けるのかどうかなんてわかんない。



予想通りお約束のような絵柄になってきた(笑)

4-5.jpg


「ツーリングです」


13.JPG

ツーリングだから。


探してるのは森の中にポツンと建つ鳥居。



その鳥居があるのが金刀羅社なんだけど

途中から嫌な予感がしてたけどやっぱり山の山頂にあったよ。

14.JPG


阿弥陀ヶ峯127m:山頂「頂きました」


数字にすると低いけど

ツーリングで道無き道を登ったと思うと名峰に値します。


この金刀羅社と阿弥陀堂が建つ山頂は

かつて秋月氏の山城があった阿弥陀ヶ峯城址らしい。

(お堂の端に心霊写真)




しかしわたしが見たかったのは森の中の鳥居。


「どこ?」




すると阿弥陀堂の前にどうみても

人が上がってくる正規の道があるんだよね(笑)



獣道じゃないよね? ↓

15.JPG

一度バイクに戻って反対側へと言う案も出たけど

バイクを停めた場所から山の反対側へ降りちゃうけど

下ってみる事にします。



しかし正規の道とはいえ

こっちの方が勾配がきつくて積もった落ち葉でめっちゃ滑る。


4-10.jpg


山頂の金刀羅社と阿弥陀堂に行くなら

バイパスから道なき道を行った方が絶対楽です。

(誰も行かないだろうけど)



そろそろ全部下っちゃうんじゃないか?ってところで

鳥居発見!

17-2.jpg


天気が悪い日やちょっと薄暗い時間に来ると

もっと雰囲気が出そうな鳥居でしょ?



本来ならこの鳥居をくぐって神域へ入って行くのだろうけど

まさかの反対側からの参拝だよ。


16-2.jpg


補足を言えばこの鳥居から

もう下の民家が見えると言う・・・



でも意地でも探した鳥居で集合写真は

格別な思い出の一枚になりそうです。

18.JPG


集合写真を撮って下ってると

地元の掃除のボランティアの方がいて

こんな森からガヤガヤをうるさい人たちが下って来て

びっくりしてたよ。


山から出たら

同じ道で戻る体力があるはずもなく

遠回りだけど車道をテクテク歩いて戻ります。

19-2.jpg

でもこれがポカポカして

春のハイキングみたいで思いのほかめっちゃ楽しい。

(まぁ、退屈しないバカな会話ばかりしてるからな)



久しぶりに自分のバイクを見た気分を味わいながら

浮羽方面へ走りました。

5.JPG


筑後川を渡って耳納連山が近くなったところから

農道を走って到着。


20-2.jpg


「徳満神社」

26.JPG


明るい平野部にある可愛い神社ですが

この境内にはカッパがいらっしゃるとです。


21-2.jpg


お尻!




もうめっちゃ可愛いんですけど~。

22-2.jpg


触りたくなる欲望をぐっと堪え・・・


23-2.jpg

れない(笑)



なんて手のひらのアールにマッチする

お尻なんでしょう。


24-2.jpg

何を表現してる姿なのか不明だけど

このお尻カッパの奥にも河童がいます。

25.JPG


やっぱり河童は相撲好き。


27.JPG

しかしこのポーズって

人も出来るのだろうか?


そんな素朴な疑問からもちっこさんにやってもらおうとしたけど

鉄骨が入ってんのか?ってくらい身体が硬いので

とのじんにやってもらいます。

28.JPG

人の骨格じゃ無理そう(笑)


子供だったらギリギリ行ける?



いっぱい笑ったらそろそろランチ場所を探しましょう。

6.JPG


風があるので平野部より山を背にした方が

湯沸かししやすいだろうと思って以前一人で行ったけど

寂しいところだったのでまたみんなと来ようと思ってた

鰐口公園へ上がってみます。




しかしわたしの記憶なんて4KBくらいのメモリーしかないため

途中が酷道だったのを忘れてました。



前も茜ちゃんで登ったので

酷なんて考えてなかったけど今日はとのじんがZ1000だった(笑)


酷な場所でのUターンはかえって危ないので

すこし開けた場所まで登ってUターン。



その開けた場所が絶景なんだよ。

29-2.jpg


ヒャッポーーー!


30-2.jpg

道がこの開けた場所しかまともじゃないけど

見晴らしは最高。



ではとのじんがコケないことを祈りつつ

万全の布陣を組んで下ります。

6-10.jpg


インカムで後ろのもちっこさんと通話しつつ

後続を見てもらいますが途中からとのじんが来ない。


もしかして?

と思いもちっこさんに林道の途中で待機してもらい

引き返して様子を見に行くと

荒れたヘアピンカーブを3人で押してた(笑)



押し歩きのヘタな私はそっちの方が怖いけどな。


きついカーブが終わったところで

大丈夫そうだともちっこさんに伝えて行って

振り返って降りて来たとのじんのZ1000を見るとせっちゃんが

乗ってるじゃないか(笑)


7.JPG

バイクを交換すると言う奥の手を使いやがったか(笑)

(それではせっちゃんの方がスキルが上って事になるけどそれで良いのか?)



そのままランチ場所まで交換すればいいのに

やっぱり元のバイクに代わるって事で民家が見え始めたところで待ちます。

31-2.jpg


個人的にはたまたま停まったところの

横の空き地でラーメン食べてもいいけどな。


下の県道へ出て

しばらく走ってると平原公園の看板が出たので

その公園に向かったけど・・・

8.JPG


まだ桜も咲いて無いしめっちゃマイナーなところなのに

しっかり看板が設置されてるよ。



密集して宴会するわけじゃないけど

ここは諦めてさらに山に上がったところで湯沸かしします。

32-2.jpg


今日のランチはココとするっ!


33.JPG


椅子も丸太も適当に散らばってて

最適な場所でした。


今日もメインはアルファ米のドライカレーで

15分待つところをぐっと我慢して13分くらいで食べたら

やっぱり微妙にごっちんじゃった。

(説明を守りましょう)


9.JPG


みんなと楽しく笑いながらランチ後は

美味しい珈琲タイム。



ではお片付けをして

午後のツーリングスタート。



走り出してすぐですが

「逆上がりの水」の前を通ったので寄ります。

10.JPG


錯覚で溝の水が上に流れてるように見える

スポットなんだけどわたしのように心が綺麗じゃないと

そうは見えないらしい(笑)



浮羽の山裾をしばらく走って

今日寄ろうと思ってた最後の場所に到着。

34-2.jpg

「清水禅寺」


わたしの好きな山門があるお寺。

36.JPG

御本堂も立派で

もちっこさんの御朱印も頂けました。



山門の所からすでにいっぱい見えていたけど

このお寺って苔がすごい。

37-2.jpg


お寺の奥へ行くと石仏がいっぱい並んでいます。


38.JPG


ちょんまげスタイルなど面白い苔が付いた石仏もあるけど

わたしが会いたかったリーゼントスタイルの石仏。


39-2.jpg

これ。


しかし誰かが苔を剥いだのか

鬼剃りになってんですけど~!



バチが当たってハゲちまえ!と思いつつ

地面を見ると不自然に根が張ってない苔を発見。




乗せてみると・・・


40-2.jpg

増毛成功。


わたしの20代前半は

天パーだったこともあってピターっとした

オールバックにはならずに同じような髪型でした。

41-2.jpg


髪型はあれですが

とにかくフカフカの苔に癒されるお寺でした。


42.JPG


ここの先はもう帰るくらいしか

考えてなかったため来る途中に和菓子屋で

桜餅を買って来たのでここで珈琲を飲みながら食べましょう。



水も湧水があるので買わなくてもいいし。

35.JPG

と、わたしはこの湧水を沸かせばなんの問題もないのだけど

みんな怖いと言って買ってきた水を使ってるよ。



帰りにカフェに寄れば良いかもしれないけど

しばらく世の中が平穏になるまでこのスタイルになりそう。

10-10.jpg


みんながみんな湯を沸かす必要もないので

お湯を分けてもらって桜餅タイム。


43.JPG


スイーツタイムと言えばパフェやケーキなんだけど

和菓子の中で桜餅は別格に大好物なのよ。


11.JPG


外で食べる桜餅と美味しい珈琲で至福の時間。


44.JPG


今日は前半の登山から遠足のようなツーリングに

なっちゃった。



スイーツタイムの後は天気が崩れるといけないので

帰る方向へ走りますがその途中に原鶴の菜の花畑の前を

通るので停まってみました。


45-2.jpg


さすがに人も多かったけど

広いので問題なし。


46-2.jpg


お腹いっぱいビタミンカラーを吸収しますが

匂いは良い匂いとは言えないね。


47-2.jpg


日差しもあって春らしい風景を堪能しますが

後で嵐みたいになるなんてこの時は想像できない。


48-2.jpg


一面のお花畑で女子力を磨いたら

帰りま~す。


12.JPG


快適な裏道で杷木まで行って小石原を越え

誰も居ない添田駅の駐車所で解散です。


13.JPG


道の駅などを避けつつトイレがある場所に停まってみたけど

このトイレは昭和のまま時間が止まってたました(笑)


ここで別れる前のグダグダと会話を楽しむところですが

前方の雲行きがめっちゃ怪しい。



大任のまで帰ってると真正面に見える香春岳だけが

真っ白に煙ってる。


間違いなく降ってる。



風も外したグローブを股で挟んでないと

飛んじゃうほど強い。

(ダウンバースっぽい感じがする風)


まだギリギリ大丈夫な気もするけど

濡れるとジャケットを洗ったりと面倒なので合羽を着ます。


(上下を積んでるのはわたしだけ)



合羽を着ると雨が止むというジンクスを信じて走りますが

そのジンクス通り真っ黒な雲は横に抜けて

パラっと来ただけでセーフ。



給油をして茜ちゃんを綺麗に噴き上げてガレージに入れ

部屋で着替えてると雨戸を叩くような大雨になりました。



すこし先まで走るもちっこさんたちも

ギリギリセーフだったらしい。

茜ちゃん.jpeg


今日はご近所さんたちを交えて初めてのラーツーでしたが

大人の遠足みたいで楽しい1日でした。



暑くなるとできないラーツーですが

次回はどこで食べようかな?




◆◇◆ Minorist Hibiki ◆◇◆




nice!(203)  コメント(54) 
共通テーマ:バイク